初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

あると便利な持ち物(ストック)

ストックがあると、ひざや腰の負担が減らすことができる!

ストックとは、要するに杖(つえ)のことです。
ストックがあると、ひざや腰の負担が減らすことができるでしょう。
ただ、使い方に慣れていないと逆に負担を増したり、無理に頼りすぎて違うところを痛めたりするので、正しい使い方ができるようになっていることが前提です。新品を富士山に持ち込んでも100%効果があることはありません。
ストックは一つ一つ違いますので、それにあった利用をしましょう。特に上から持つものと横から持つものでは体重の掛け方から握り方まで全然違います。
一つか二つ持ちかでも違ってきます。一般に2つ持ちの方がバランスがよいので(スキーのストックと一緒)、二つ持ちの方が多いと思います。 ストックは登りだけでなく、下りでは特に威力を発揮します(特にブレーキが必要となり膝への負担が大きいので、腕の力でブレーキに必要な筋力を分散する)。
ただし、登りの使い方は難しく、岩場等ストックがある方が危険な場合もありますので、使い方は熟知しておきましょう。普段の散歩から使うことをオススメします。
登りでは一部のガイドがストックの利用を禁止している場合もあります。それぐらい正しいストックの使い方は難しい、ということになります。 富士山に限らず、ストックを使う場合はゴム製のキャップを付けましょう(危険ですのでメタル製のストックの先が露出しないように)。不要なときは収納できるストックが主流ですが、それがオススメ。 金剛杖について
ストックとは別に、富士山では木製の杖も販売しています(金剛杖)。これは以外と背丈があり、多くの人を見る限り登るには不要のようです(使い方が難しく、引きずるは目になり
荷物になるケースがほとんど)。下りではマシのようですが。。各山小屋ではこの金剛杖に焼印を押してもらうサービスがあり人気ですが、この杖を模した小さいミニ金剛杖があり、こちらはリュックなどに簡単に入れることができるので、これに焼印を押してもらうのがオススメです。金剛杖は何かとでかくて大変かもしれません。

ページの先頭へ