初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

必ず用意したいアイテム(懐中電灯(ヘッドライト))

懐中電灯、もしくはヘッドライトはどんな登山にも必ず持参しましょう。

暗くなって足元が見えない中の登山は非常に危険で無理と考えましょう。
富士山では周りの人が多分全員持って言っているので、自分は持っていなくても大丈夫と思われるかもしれませんが(確かに真っ暗にはならないかも)、でも七合目から頂上に向けてある岩場は自分と岩との戦いで、足を置く場所が見えないととても危険ですので、両方の手が自由になるヘッドライトは必須です。
電灯がつけば、どんなタイプでもいいと思いますが、必ず防水されているものを選びます。
水に濡れて漏電すると危険ですし、そもそも電気がつかないと意味がありません。
最近はLEDタイプのものが消費電力が少なく玉切れもないのでオススメ。 富士山では頂上でご来光を見るツアーの場合、朝又は夕方から登って約8時間以上暗闇の中で行動する可能性がありますので、できれば10時間は電池を交換しなくてもいいものを選ぶとよいでしょう。その点でもLEDタイプが向いていると思います。

ページの先頭へ