初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

必ず用意したいアイテム(携行食)

携行食(行動食)

携行食とは、登山中に大量のカロリーを消費するため休憩中などにすばやくカロリーを摂取するための食料の代わりです。
登山中はマラソン並のカロリーを消費することもあり、肝臓に蓄えられたカロリーの元はすぐ消費してしまいます。一気にそのカロリーを消費してしまうと、耐久力がなくなり、疲れがどっと体に来ます。そこで必要となるのが食品による失ったカロリーの補充です。
オススメは高カロリーのお菓子類を行動中に食べることです。特に砂糖類の多く含まれているチョコレートやキャラメルはオススメで、すぐに体が動くために使える燃料として使うこともできますし、余剰分はまた必要になるまで肝臓に蓄えられます。特に以下の食品が携帯食(行動食)として向いています。
・チョコレート
・クッキー
・キャラメル
・練りようかん
他にも、スポーツバーなど、糖分が多く吸収性が高いものが向いています。携帯しやすく、かさばらず、食欲が無くても摂取しやすいものがいいでしょう。また日頃から自分が食べなれている、好物を持っていくのがいいでしょう。
また、私の場合甘いものだけでは物足りなく塩分のあるものも摂取しやすいので、
・ポテトチップ、スティックタイプのポテト菓子 もオススメです。
私は行動中かなりポテトチップを食べながら歩いています。経験上、燃えるものが無くなるとすぐに足にきますので。。
逆に消化のしにくい油分の多いものは体に負担をかけてしまいますので、カロリーは高くて向いているものの、かなり体調によりますので持っていっても 体と相談しならがら食べましょう。

眠れないときにも、行動食を食べるのはオススメです。 眠る行為は体力を復活させるために必要なのですが、富士山であれば高山ですし山小屋という慣れない場所でぐっすり眠るなんていう芸当はなかなか難しいかも 知れません。こういう時は、(食欲があるのであれば)行動食を食べることをオススメします。食べてカロリーを体に蓄えることで、それがそのまま体力に繋がるからです。

ページの先頭へ