初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

登山靴のメンテナンスについて

くつ底は靴の生命線です

去年買った登山靴でも安心できない場合があります。
特に注意しないといけないのが靴底(ソール)部分です。保管の状況によっては割れたり、靴底と靴本体を繋げる接着剤がはがれる可能性がありますので、去年買ったからといって当日はいてみてそういう結果になる可能性もあります(実際に私が添乗をした際にお客様のまだ新しい靴底がはがれてしまったケースがありました)。 くつ底は靴の生命線ですので、そういう事態に陥る前にちゃんと確認しておきましょう。因みに、靴底は張り替えることが可能です 。新しくても靴底が磨り減っている場合は危険な場所では生命に係わるような事故(滑る)になる可能性が高くなりますので注意しましょう。

なお、富士山に限って言えば、富士登山の環境として、
・岩場が多い・砂利道も多い(砂・石が入る)
・雨に降られることも多い
・8合目以上は寒い
という状況から、普通の登山靴が適していると感じました。
ただし、登山中危険な場所はほとんどなく、岩場も火山岩なのでスリップしにくいという状況でもありますので、必須ではないと思います。
富士登山ツアーの説明

ページの先頭へ