初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

フリース、ロングスリーブ、セーターなどの防寒着は必要?

フリースやロングスリーブは富士登山であれば、8合目以降とても重宝するでしょう。


真夏の登山でも8合目の辺りでは気温は4℃程度。
東京の真冬の温度とさほど変わりません。

ということは、普通の長袖だけではかなり寒く感じる、ということになります。
ロングスリーブやフリースはリュックの取り出しやすい場所に入れておき、必要に応じて着込むようにしましょう。

登っている最中は体が暑くなるので必要ではありませんが、小屋の休憩の後の登り始めや、頂上付近では特にご来光を待つために待っている間などは本当に寒いので、あってよかった、と感じると思います。

材質は合成繊維の重くない軽いものがオススメです。内側が毛仕上げのものが特に暖かく感じました。 防寒着については、あったほうがベター、というのが正解。

前述どおり、登山は重ね着が基本なので、一枚で防寒しようとするとスキーウェアのような大そうなものになってしまいますが、重ね着なら下から肌着、長袖シャツ、フリース、最後はレインウェアと、何層も着込むことで各層の間に空気が入るので暖かいですよ。

スキーウェアを持っていけるなら持っていってもいいですが、ほぼ頂上でしか出番はないと思いますし(登っている間、下っている間など動いている間は必要ない)何しろ結構荷物としてはかさばります。最近流行りの超軽量タイプのダウンはその点かさばりませんので、着込む用として(レインウェアの下)オススメといえます。

ページの先頭へ