初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

富士山の起源
富士山の歴史
ウン万年前は海の底?聖徳太子も富士登山!?
以外と知らない富士山の歴史を再発見してみよう!

富士山の起源

富士山の原型が出現したのは約2~300万年前頃

今から約2000万年前、富士山周辺の一帯は太平洋の海底にありました。

富士山の原型が出現したのは約2~300万年前頃といわれ、長い年月をかけ周辺一帯の隆起と数十万年前からの激しい噴火活動が起こり、中でも約1万年前に起きた「新富士火山」と呼ばれる噴火が現在の富士山を作り上げたといわれています。

約300年前に起こった『宝永大噴火』以降噴火を起こしていませんが、現在も活発な火山活動が観測されており、「活火山」に分類されています。

富士山の起源
『噴火を繰り返し、大きくなった富士山』

ページの先頭へ