初心者もこれでOK♪富士登山を楽しもう!

下山について
富士山に登る
山開きはいつ?気候ってどんな感じ?富士山を楽しく登るための読み物です。
富士登山では事前に情報を知ることで、『いざ!?』っていうとき対処できたり、より富士山登山を楽しめます。

下山について

富士登山は登り3割 下り7割といわれます。

つまり、下りがきついということです。登ったら下りないといけないので諦めてください。富士山での事故の多くは下山時に発生しています。すべりやすい登山道なので膝に負担がかかり、怪我などしやすくなります。足裏が痛いのは一応厚底のアウトドアシューズでも履いていればそれなりに緩和されますが、下りがしんどいのは、下りで使う筋肉は、普段の生活ではあまり使わない筋肉だからです。下りの筋肉について有効な対処法は、ダブルストックです。 荷物になりますが、ストックをお持ちでしたら、必ず持っていきましょう。

下山時、六合目あたりでは馬がいます! 疲れたといって気軽に乗ると、数万円請求される場合もありますので、乗る場合はきちんと交渉しましょう。(風が強い日や雨天時は追加料金が発生する場合もあります)

八合目須走口江戸屋の分岐点にご注意! 看板に注意して左へ曲がります。登山道の目印としては、河口湖登山口への道は黄色の印です。須走登山口への道は赤色の印ですので、間違えないようにして下さい。気付かずに人の流れに付いて間違って須走登山口に降りてしまうと、帰りのバスに乗れなくなって実費でお帰り頂く事にもなりますので必ず間違えないように注意して曲がって下さい。
下山について

登りがあれば下りもあります。

ページの先頭へ